嫌いな古文を好きになるためのブログ

古文の文法や単語をわかりやすく解説。たまに読んだ本の紹介もします。

「こそ-已然形」の逆接用法を覚えよう!

係り結びは、基礎の段階でよく出題されるが、入試レベルになってくるとあまり出題されない。

その中でも、「こそ-已然形、」の用法は「なむの識別」に次いで出題されやすい。

必ず覚えておこう。

 

 

 

こそ-已然形+「、」 → 逆接(~けれども、~だが、など)

 

 

 

 

例 

  さこそいへ、まだ追ひやらず。(伊勢物語

 

 さ → 副詞(そう、そのように)

 こそ → 係助詞

 いへ → ハ行 四段活用 已然形(は/ひ/ふ/ふ//へ)

 

 

 訳 そうは言うけれど、まだ追い払わない。

 

 

 

 

ポイント

 「、」の前は通常連用形だが、「こそ」があったら已然形になっていないかを確認するだけの簡単なお仕事。

 逆接用法に気づかないと現代語訳したときに分かっていないことがすぐにばれるので、こういった特別な用法はしっかりと暗記しよう。